セルビア日記・予選編2

今日からもう11月です。早いですねえ!忘年会の話もちらほら…

ということは、昨年の今頃は確かジムの窓ふきを始めていました… あ~のんびりしていられないよう ;(´o`); 

 

さて昨日の続き、ボディフィットネスの予選です。

-158cn級13名、-163cm級16名、-168cm級17名、+168cm級23名の4階級です。

日本代表の浅田&豊田選手は、日本では同じ+164cm級の1位と2位でしたが、世界大会では、浅田選手が+168cm級、豊田選手が-168cm級に出場しました。

asada1.JPGtoyoda1.JPG

日本のボディフィットネスは、ボディビルほど厳しい絞りや筋肉は必要ないので、女性が取り組みやすい競技のように思われていますが、世界のボディフィットネスは、まさにナチュラルボディビルともいえる身体をしています。

今や腹筋の割れていない選手はほとんどいません。鍛えこんだハードな体です。

日本選手は二人とも、残念ながらピックアップ15名にも残れませんでした。ヨーロッパの選手たちは、ジュニアから順調に育ってきているので、層が厚く、チャンピオンの入れ替わりも激しくなっています。

ホント!完敗って感じです。;(´0`); トホホ

でも、プロポーション的には劣っていませんから、ガンガン鍛えこんでいってほしいと思います。

特に玲子さんはまだ20代ですから、世界のレベルに近づくための時間は十分あります。

頑張ってほしいですね!p(^o^)q ファイト!