免疫力を養いましょう!

猛暑の8月に入りました。暑さで頭の働きが悪くなるというのに、PCも10年使って反応が鈍くなりました。ソフトの起動や入力後の変換がイライラするほど待たされるという何とも私の頭より回転の悪い状態になり、とうとう買い替えとなりました。7月はデータの移動に時間を取られて能率がガタ落ちでした。最近はセキュリティーが厳しくなったので、銀行の電子証明書は窓口まで出向いて再発行の手続きをしてきました。安心安全のためには手間がかかりますね。

そしてPCの作業中に、今度はスマホが動画表示できなくなり、ラインに送ってもらった動画が見られなくなりました。スマホはパソコンよりさらに寿命が短いので、仕方なく買い替えることに。まず値段と機能の比較で対象機種を絞り、どっちにしようかなと考えるのに約1週間。注文してから届くのは1日と超早いのですが、そこからデータの移し替えにいろいろ調べながらでまた約1週間、そのあと移し忘れがないか確認しながら使用して約1週間。あ~!もう面倒ですね。スマホに何でも記録するのは便利ですが、いざ入れ替えるとなると神経使いますよね。

そしてこういうことは連鎖反応のように起こるものです。自宅のエアコンも冷風が出なくなり買い替えとなりました。人間便利なものに頼り切った生活をしていると、いざ使えなくなったときに非常に不便さを感じます。できるだけ便利なものを極力使わずに済む能力を養いたいですね。

これからコロナウイルスのような厄介な病原菌が増え、自然災害も増えることが予想されます。そんな中で生き延びていくには人間そのものが強くなるしかありません。免疫力が高ければ病原菌を恐れずに生活することができます。

では、免疫力を高めるにはどうしたらよいのでしょうか?

「規則正しい生活」「バランスの取れた食事」「適度な運動」「禁煙」「安易に薬を服用しない」

だれでもわかっていますが実行できません。実行するには強い意志が必要になってくるからです。「言うは易し行うは難し」です。一時的には出来ても続けることはなかなか出来ません。できないと言っていたら弱者になってウイルスに負けてしまいますから、もうそんなことを言っている場合ではありません。気を引き締めて自分磨きを始めましょう!

いくら便利な世の中でも、基本は同じです。人間は自然界に生きる動物です。体を鍛え、暑い猛暑も乗り越えられる体力気力を養うしか方法はありません。

これだけコロナウイルスに悩まされ続けると、健康管理の大切さを実感した人は多いはずです。煙草を吸っている人、持病がある人はコロナウイルスに感染した時の重症化リスクが高いことはすでにわかっています。最初は高齢者だけが危ないと言われていましたが、今や40代、50代でも重症化リスクが高くなってきています。これだけ入院患者が増えると、もう病院に頼ることはできません。今からでも自分の体を良い意味でいたわりましょう。

こんなにコロナウイルス蔓延で重症化したくないと切実に感じているのに、タバコがやめられない、お酒を控えることができない、ゲームに夢中になり途中でやめられず不規則な生活を送っている人は依存症です。はっきり言って依存症になってからでは遅いです。依存症は治療が必要で、どんな良い方法をアドバイスしても自分の意思が負けてしまいます。

依存症になる前に、自分の意志で健康体を作りたいと思っている人は、まず筋トレをお勧めします。筋トレといっても廣田ボディビルセンターで行っているバーベル、ダンベル、マシン類を使ったトレーニングだけに限りません。自重で腕立て伏せや腹筋運動を行うのも筋トレですし、公園の鉄棒にぶら下がり、懸垂までいかなくても、ちょっと力を入れて腕を曲げるだけでも筋トレです。

大切なのは定期的に時間を決めて行うということで、内容の多さ、時間の長さは考えてはいけません。続けられなければ結果は出ないからです。初めから欲張って1時間みっちりのメニューを作ってもらっても、どこかで挫折したりさぼり癖がついたりしては効果が上がりません。それならば、1日5分の腕立て伏せだけを毎日決まった時間に続ける方がよほど効果が高いです。

効果とは筋肉の発達度や見た目の変化ではありません。定期的に運動する習慣をつけられるかどうかです。習慣をつけられたら後は占めたものです。次にもう少し時間を増やして今度はスクワットやダンベル運動を取り入れると、以前より効果が上がり自分の体の変化を楽しむ余裕が出てきます。そしてさらに良くなりたいと思い始めたら、その時お金を払ってジムに通えばよいのです。当然、続ける習慣はついていますから、効果が出るのは当たり前ですし、自分に合ったトレーニングを見つけることもできるようになります。

そして運動習慣のついた人は、自然と食事も気を付けられるようになっていきます。決まった時間に運動することで、規則正しい生活に近づいていきます。食事に気を付けるようになったから、運動習慣も身についたなんてことはほとんど聞いたことがありません。そして運動は汗をかく習慣がつくので体の温度調節機能も向上します。つまり熱中症になりにくくなります。(炎天下での運動は別です)血液の循環も良くなるのでストレス発散効果もあります。いいことづくめですね。

筋肉は疲労すると回復するための栄養を欲しがります。そんな自分の体の声が聞こえるようになると、筋肉回復に役立つたんぱく質を取れるようになっていきます。

大金をつぎ込んでダイエットする人が多くなりましたね。期間が限られていて、家にいるときもメールなどで管理してもらえ、大金を払っているという意識から成功するのでしょう。でもそれが果たして成功と言えるのかどうか。そのあとその自分の体を維持できるのでしょうか?

お金を使って一生体の管理を他人に任せられる人であれば別ですが、一般庶民は「一度はやせてみたかった」で終わります。やめたら元に戻るどころかもっと太ったという人がほとんどです。

せっかくダイエットしても、続かないとリバウンドしてさらに太ることに。ということは、食生活が乱れ、運動不足も重なって持病持ちとなり、免疫力はガタ落ち。コロナウイルスに感染すると重症化しやすい体になるということです。結局お金を払って免疫力を失ったということになりますね。

残念ながら自分の生活習慣の中に運動する時間を組み込めていない人は、どんなに良い方法を知っていても、続かないのですから無駄に終わります。

人は皆、毎日筋肉を使って生活しています。それを筋トレとは言いませんが、いつも使う筋肉は維持するとができます。使わなければ筋肉は必要とされないため落ちていきます。頭では必要と感じていても、ぐーたら食っちゃ寝るを繰り返していたら、脂肪が増えるだけではなく、筋肉が減少して体力がなくなり危険な状態になります。使ってやらないと筋肉は離れて行ってしまいます。

日常生活でいつも使う筋肉は決まってしまっています。普段使っていない筋肉は知らず知らずのうちに弱くなり、バランスの悪い体になって運動能力が落ちていきます。若いとか年寄りとかに関係なく、日ごろ使っていない筋肉を定期的に動かすことで体力、免疫力を維持向上させることができます。

免疫力の向上は、まず短時間の運動習慣からスタートです! オリンピックの体操選手の大技は最初から練習していたわけではありません。幼い頃ににでんぐり返しなどから始めたはずです。

欲張らずに少しの努力で運動習慣を身につけましょう。それが免疫力アップにつながっていきます。

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031