セルビア日記・初日編

ホテル・ノビサドにチェックインした10月14日(金)は、ロビーに「昼食は2時から4時」と貼り紙があり、部屋でひとまず休憩。hotel _novisad.JPG

大会時はいつもツインと決まっているので、私&今村直子選手、浅田ふぢ子&豊田玲子選手で入室。

そして、2時に1階のレストランでビルダーメニューのバイキングをいただいてから、ノビサドの街を散策しました。

(メニューの写真は多分、ふぢ子さんが月ボ用の原稿に載せるかも!? … なので、ここでは内緒)

風はほとんど無く、さわやかな晴天。これからどんどん寒くなる時期ですが、天気が良いので、それほど寒くなかったですね。

novisad1.JPG

出発前にGoogle マップで調べたデータを元に、大通りを約1km歩いて「市場」発見!

iichiba1.JPG

私、大好きなんですよねえ!

いろいろな野菜や雑貨がいっぱい売っていて超安いところ。

こういうところをウロウロするのだぁ~い好き!

ではあるけれど、大会前にのんびりショッピングはタブー(`△´)メ

ということで長居はせず、戻りながら近くのスーパーでとりあえず水を購入して帰りました。

それから、プロタンの背中塗りのお手伝いと、監督/審査員会議の下準備。

念のため、家から子供が昔使った遠足用のレジャーシートを持っていきましたが、無用でした。飛行機に乗るときに新聞をもらって来れば、わざわざ持参することなかったのよね。

これから国際大会に行く選手は、新聞をもらうことをお忘れなく!

会議も計量も、ノビサドホテルのレストラン奥の別室を使って行われました。keiryou1.JPG

自分たちでレストランの椅子を運んで会議場に作り変え、そのあと椅子を壁側に移動して計量/計測会場に。

選手たちはレストラン内で待機。呼ばれたクラスの選手だけが別室へ入りました。

ボディビル選手は少数ですが、フィットネスやビキニの選手は多いのに身長計が1台しかないので、予定より時間がかかり、夕食の時間に突入。

レストランには食事が運ばれ、計測の済んだ選手だけでなく、待っている選手も食べ始めて、食事と同時進行のごちゃごちゃ状態でした。

とにかくこの日は夕食と計量/計測を済ませ、翌日に備えてバタンキューです。…zzz

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930