ボケが直りました

セルビアから帰って2日間、頭が重くて、思考と行動がチグハグ...┌(´_`)┐

ご飯は炊き忘れるし、買ったつもりの肉が買い物袋に入っていなかったり…

昨日から少し調子が戻ってきて、今日はやっとまともに頭が働くようになりました。(^ ^)v

私が居ない間、ペットたちも様子が変だったようです。

脚の悪いアヒルのピーちゃんは、夫が餌を食べさせようと支えてやっても、一口も食べないし、猫のトラキチも腹ペコの時以外は、呼んでも来ないし、カメキチも食べが悪かったとか。

夫に向かって「母ちゃん出せ~!」とでも言っているかの様なストライキ状態。みんな日頃の母ちゃんの愛情が分かっているのですねえ。 (^_^)

さて、昨日は日本連盟に国旗や預り金の清算を送り、今日は選手に写真とビデオを送って一段落。

明日から通常の仕事に専念です。報告書も書かないといけませんが、それは、1か月以内なので、まだ大丈夫。(と思っている間にすぐ締め切りが迫ってきそう)

今回は、ビデオを失くすことなく、無事写真もビデオも撮って帰れたのでホッとしてます。

思いもよらなかった日本選手の決勝も応援できて、うれしかったですね。\(^o^)/

しかし、帰りは大変でした。bus_time.JPG

空港へのバスの手配がいい加減で、各国のフライトにあわせていません。空港までは約90分。

帰りの便はベオグラード8:10発なので、5:30発のバスでは空港で1時間しかない。

大事を取って、2:45のバスに乗ることに決めた日本チームは、パーティーの終わった深夜12時から寝ずにチェックアウト。バスに乗り込んだ瞬間、「このバスはカナダとフィンランドだけ」と断られ荷物とともに下車。

それならそうと早く言ってよ~!と日本語でブツブツ。

仕方なくホテルロビーのソファーで仮眠し、結局5:30のバスで空港へ向かいました。ドイツチームはあきらめてタクシーで空港へ向かったようです。料金を考えると、私にはそんな勇気はありませんでした。

ベオグラードに着き、時間の迫る中、同じバスで空港に向かった韓国チームおなじみの監督ホンさんが、親切にチェックインカウンターまで案内してくれて、スムーズに搭乗手続きを済ませることが出来ました。(韓国チームは日本とは逆に、待ち時間が4時間あり、かと言ってあとのバスでは間に合わないのです)

無事ウイーンに着いて、あとは日本へkinai.JPGまっしぐらと思ったら、今度は飛び立ってから1時間足らずで扉に不備が見つかりコペンハーゲンに緊急着陸。

私の席は一番後ろだったので、非常口を開けて点検しているところを後ろから内緒でパチリ!

点検を終え、再度給油して飛び立つまで約1時間半。

結局、日本への到着時間が2時間半遅れたのでした。

乗り継ぎでセントレアまで飛ぶはずだった便は間に合わず。新幹線で帰ることになりましたが、オーストリア航空が新幹線代を出してくれたので、余分に料金をいただき、ちょっと得しました。

海外の大会に出かけて、何事もなく予定通り済むことは少ないようです。

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930