次の大会準備へ

先週の愛知県大会は、前売券だけで571枚売れてしまうという過去最高の人気でした。full そのため様子を見ながらの当日券販売で、廣田ジムにも入れずに帰ったという人がいて、本当に申し訳ありませんでした。

これから絶対行く、多分行くという人は、必ず前売券を早めに購入するようお願いしますsign03

もっと広い会場にしたらという声も耳にしますが、会場は1年前に予約しなければならないので、予約が重なると抽選になるし、確保するのがとても難しいのです。

ということで、次の西日本大会は今年から「山の日」という祝日にしか取れませんでした。

4日前の日曜日に岐阜で東海選手権大会、長野でジャパンオープン選手権大会があり、3日後の日曜日にも、三重で東海オープンメンズフィジークとフィットネスビキニ選手権大会が開催されるので、選手も観客も分散して少なめになると予想していました。

ところが、出場者は西日本大会だけで98名、愛知県大会を含めると143名です。毎日前売券の注文メールが入ってきます。

今回は遠方から応援に来る人もいらっしゃると思います。折角来たのに入れないという事態にならないよう、できる限り前売券を確保していただきますようお願いします。私も頑張って郵送させていただきます。

公社)日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)は、日本で唯一のボディビル・フィットネス競技のスポーツ団体です。ボディビル・フィットネス大会を開催する団体は他にもありますが、スポーツ競技として行なってはいません。スポーツ競技は、ルールを遵守することはが必須です。そのルールの中でもアンチドーピングは最も重要なルールです。

今リオオリンピックを前にロシアの問題が話題になっているので、皆さんよくご存じだと思いますが、ドーピング検査を行なっていない競技団体は、ルールが根底から崩れています。

そこで、JBBFでは、選手登録をする際に、ボディビル・フィットネスの他団体主催の大会に出場したことがある選手は、今後JBBF以外の大会に出場しないこと、アンチドーピングを厳守することなど誓約付きの選手登録申請を行なうことになっています。

今回7/17の愛知県大会優勝者1名が、その「誓約書付き」ではなく通常の選手登録手続きを済ませて出場していたことが大会後に判り、登録のやり直しということで、失格処分になってしまいました。

本人も故意では無いし、所属団体理事も新加盟で選手登録の手続きに慣れていなかったことを考えると、指導する立場の私たち役員にも責任があると感じています。m( _ _ )m

でも幸い、失格した選手は20代の伸び盛りです。これからいくらでも優勝のチャンスがあります。

気持ちを切り替えて次の目標に向かって頑張って欲しいと願っています。(^0^)/ファイト!

さて、今日は久々の休日です。次週からまた大会続きで休み無しの生活が続くので、先回りして出来るだけ準備をしておきますhappy01

 

 

 

 

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031