ボディビル大会の運営方法

昨日の愛知県ボディビル連盟の理事会は、大会運営についていろいろ意見を出し合いましたが、すんなりとは決まらないですね。

今年はまずクラシックボディビル大会をやってみますが、来年以降の大会をどうするかでいろいろ意見が分かれ、決定は次回に持ち越しとなりました。

現在のアマチュアルールはクラス別(体重別)とクラシック(体重の上限がある身長別)の2つです。そして今後はドーピングを排除し、より正確な審査がしやすいクラシックボディビルをオリンピック競技に入kuroichi.jpgれることを目標にしています。

スポーツは同じルールに基づいて行なわれるという点においては世界共通です。

でも、日本は長くオーバーオールの大会運営を続けてきたために、選手の目標はオーバーオールの頂点になってしまっています。とにかく筋肉が大きい方が有利だと考えてトレーニングを積んだ結果、クラス別、身長別で戦うためのバランスを失い、国際大会で活躍できる選手を減らしてしまう結果になっています。

それに気付いて動ける選手役員がまだまだ少ないので、変えて行くには時間がかかりそうですね。kuroweight.JPG

さて、今日の子犬たちの体重測定で、目の開かない2匹が1kgを超えていました。小さい2匹は時々目を開けて私をぼんやりと見てくれます。

今朝、目の開いた一番顔の白いマルちゃん(私が勝手に呼んでいる)に顔を近づけて「ゆみ母ちゃんだよ!わかる?」と話しかけたら、しっぽをフリフリしてくれました。わ~!うれしい!とっても幸せな気分になっちゃいましたv(^ ^)v

明日で生後2週間ですが、4匹すべて予約が入りました。安心ではあるけれど、お別れするとき私が一番辛くなりそう(T_T)