さよなら2011年

1年があっという間に過ぎてしまいました。

今年は本当に大変な年でした。

普通に当たり前に生活できることがどんなに幸せなことかをつくづく感じる年でした。

1日1日そんなに代わり映えしないと感じて過ごしていたことの方が多かったけれど、

ある日を境に状況が一変するという、まるでSF映画のような状況が日本だけでなく世界中で起こりました。

人間は犬や猫、カエルや昆虫と同じように、地球上の生物でしかないという当たり前のことを忘れて思い上がっていたところをギャフンと言わされた、そんな気がします。

自然には逆らえない。だから自然に近い形で生活してゆく。それが幸せへとつながると思います。便利なものに頼らず、自分の出来ることにじっくり時間をかけて取り組んでいきたい。

大掃除も電気を使わず、ほうきで掃いたり雑巾掛けしたり、自分の体を使ってやっていると、疲れても気持ちは晴れやかになります。自分がいつも使っている物や道具に感謝の気持ちが湧いてきます。

この先どんな災害が待ち受けているかわかりませんが、自分は地球上で生かされているんだという感謝の気持ちをいつも持ち続けて生活していきたい。

来年が良い年になるように…なんて他力本願はせず、自分の心の中で良い年を作りあげていきましょう!お金や資産があっても不幸な人も居れば、貧しくても幸せな人もいます。幸せの国ブータンの平均年間所得は15万円だそうです。自給自足に近い生活をしているからなんですね。

すべては人間の心の持ち方で決まります。

携帯やTVにかじりついている娘に落胆しながら、静かに自分を振り返る大晦日のゆみ母ちゃんの今の気持ち

【2012年は幸せを感じることのできる自分づくりをしていきたい】

2019年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031