我が家だけ停電

台風12号の被害は想像以上に大きかったですね。私の実家は三重県鈴鹿市なので、鈴鹿川が決壊しないかと心配でしたが、被害は奈良県に近い山側で、鈴鹿は思ったより降らなかったようです。幸い廣田ジムの周辺も雨は少なく、日曜日の朝30分ほど停電しただけで済みました。

ところが、夜7時ごろ夕食を食べようとしていたら、突然台所が真っ暗に!てっきり停電だと思って外をのぞくと電気がついているではありませんか。あれ?おかしいな。台所と子供部屋だけ消えている。玄関の電気は点いています。

電源のブレーカーを見るとどれも落ちていない???

普通は漏電があったりするとその部分のブレーカーが落ちるのに。そんなバカな?

ジムに居る夫にすぐさま電話。返ってきた夫も原因が分からず、とりあえず冷蔵庫だけは延長コードで電源の入るところへつなぎました。

「ちょっと危険な予感がするなあ。急にどこかで発火したら大変だ。」と困っていたところに、ちょうど中電の社員が訪れました。

なんと良いタイミングで現れるのだろうと思ったら、向かいの家にご主人が偶然、電線から火花が出るのを目撃して中部電力に電話してくれていたのです。

停電の原因は電柱から我が家へ引かれた電線に傷がついて、電気がとぎれとぎれに流れていたせいだと分かりホッと一安心。それでブレーカーが落ちなかったのですね。

dennsenn.jpg

数十分後に修理担当の方が暗闇の中、ライトを点灯しながら修理してくれました。早く対応してもらい、本当に助かりました。(*^ 。^*)ラッキー!

 

暗いのでちょっと写りが悪いけど、修理しているときの写真です。

本当にご苦労様です。感謝!